普通肌の方には、エイジングケアと紫外線対策ができるコスメがおすすめ

【普通肌の特性】

普通肌は、肌の水分と油分のバランスがちょうどいい状態の肌のことです。
肌のターンオーバーも正常に行われていて、肌トラブルがほとんどありません。

 

バリア機能にも問題がなく、新しいスキンケアを試しても刺激に感じることはないでしょう。
しかし、季節や環境の変化、睡眠不足やストレスなどが原因で、肌質が急変することもあります。

 

健康な肌の状態をキープするためにも、スキンケアや生活習慣は普段から気を付けるようにしましょう。

 

 

【必要なお手入れ】

水分と油分が十分備わっている普通肌は、その状態を損なわないスキンケアをしましょう。
また、30代以降の方はそろそろエイジングケアを意識して、アイテムをシフトしましょう。
肌に大敵な紫外線対策も忘れずに行いたいものです。
紫外線はシミを作るだけでなく、シワやたるみなどの肌の老化をすすめます。
トラブルが出てからでは遅いので、普段からしっかりケアを行いましょう。

 

【必要な成分】

紫外線によるシミには、アルブチンやビタミンC誘導体といった美白成分が有効です。

 

また、エイジングケアには、コエンザイムQ10の1000倍の効果をもつアスタキサンチンが力強い味方になってくれます。

 

コラーゲンが不足すると肌のたるみやシワが目立ってきます。
コラーゲンを含むスキンケアで、外側からサポートするようにしましょう。

 

スキンケアに配合されている美容成分も、肌に浸透しなければ意味がありません。
特にコラーゲンは分子量が大きく、肌からは吸収されにくいと言われています。
有効成分は、肌のすみずみまで行きわたるナノ化されたものを選ぶようにしましょう。