紫外線が肌に与える、有害な作用

【シミやそばかすの元になる紫外線】

 

突然できてしまったシミ・・・。
シミは一度できてしまうと、自力で消すことは不可能です。
どうしてシミができるの?とギモンに思ったことはありませんか?
シミのもとになるのは、肌が作り出すメラニンという物質です。
肌は紫外線を浴びると、肌の一番下の層である基底層からメラノサイトという色素細胞が活性化します。
これがメラニンとなり、シミやそばかすの原因になるというわけなんです。

 

シミというのはすぐにできるわけではなく、今まで蓄積されてきたものが突然発生するものです。
今は目には見えなくても、肌の奥にはシミの予備軍がたくさん!ということもあります。
できてしまってからでは遅いので、普段からの対策が大切です。

 

 

【しわやたるみの原因になる紫外線】

 

紫外線が肌に与える影響は、シミだけではありません。
紫外線にはA波とB波がありますが、シミの原因になるのはB波です。
日焼け止めではSPFの数値で、B波をブロックできる度合いを示しています。

 

一方A波のほうは、肌のさらに深い層にまで到達しコラーゲンを破壊するという作用があります。
紫外線は、シミやそばかすだけでなく、シワやたるみの原因になり、肌を老化させてしまうんです。
日焼けすると肌がどんどん老けてしまう・・というわけ。

 

肌老化を進めてしまうA波は、曇りの日や室内でも降り注いでいます。
紫外線対策は1年中どんな日でも必要、ということなんです。

 

シミやしわは、予防が一番のケアですよ!